YAHOO!ブックマークに登録・お気に入りに追加
 

モビット(mobit)について

三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)とプロミス、アプラスが出資してできた会社。
その後、プロミスが三井住友銀行の持分法適用関連会社になったおかげで、
公式サイトでは三菱UFJフィナンシャルグループと謳いながら、
実際は三井住友フィナンシャルグループとの合弁でもあるという微妙な会社。

三菱東京UFJも三井住友も離したくない銀行系キャッシング最大手のモビット(mobit)

とは言え、銀行系キャッシング会社の最大手。
サラリーマンを中心にモビットを利用しようとする人は、どんどん増えています。

モビット(mobit)の商品概要

モビットに申込みをすれば、融資可能か、たった10秒で分かるのは嬉しい。
利用限度額は、最高で300万円
初めての方だと上限がある会社もありますが、モビットでは公式サイトには表示されていないので、チャレンジしてみるのも良いかもですね。
ただ他社と同様で50万円を超える場合には収入証明書が必要になるなど慎重な審査になるから借りれる可能性は・・・。

さて、金利は、9.8〜18.0%。 全部で6つのマネープランとなっています。
ちなみに9.8%、11.0%、12.0%、13.5%、15.0%、18.0%。

どういう基準で適応されるのか分かりませんけど、

  • 利用限度額 1〜50万円 : 実質年率 18.0%
  • 利用限度額 50〜100万円 : 実質年率 15.0%
  • 利用限度額 100〜150万円 : 実質年率 13.5%
  • 利用限度額 150〜200万円 : 実質年率 12.0%
  • 利用限度額 200〜250万円 : 実質年率 11.0%
  • 利用限度額 250〜300万円 : 実質年率 9.8%

と、いったところでしょうか。(あくまでも推測です。確認したわけではありません)

最近だと、どこのキャッシング会社への申込みもネット(パソコンや携帯)からというのが主流ですが、モビットではローン申込機にも力を入れています。

私鉄の駅ナカなどで「すぐモビ」という電話ボックス程度の大きさの申込機を見かけた事がある人も多いはずです。
この「すぐモビ」、名前の通り急なキャッシング利用の際に役に立ちます。
申込みをして、約5分でカード発行
提携ATM・CDですぐに利用することができます。

ちなみに「すぐモビ」設置場所検索もできます。

モビット(mobit)のCM

おなじみ竹中直人と桃井かおりのお二人で長いことCMしてますね。
大人のモビットってキャッチ。

借入と返済のバランスが大事ってことを伝える為に、ネクタイがやたらデカイCM、ハイヒールが長いCMなどはまだ記憶に残ってます。

公式サイトでモビットのCM(現在のもの)を見ることができます。

キャッシングの利用条件
利用限度額 最高300万円
実質年率 9.8〜18.0%

2008年6月8日作成

TOP >>   HOME >>

キャッシング・ガイドのトップページ 運営会社 免責事項 サイトマップ YAHOO!ブックマークに登録 お気に入りに追加